こんにちは、早くて安い豊中格安車検の担当小林です。

testcar

前回に引き続き、ユーザー車検と比べながら私たち専門業者にお任せする利点をご説明していきます。

ユーザー車検ということで業者を通さずに自分でも車検に通すことはそれほど難しくはありません。

  • 平日に休みをとって運輸支局の車検場に行くこと
  • 車検に落ちやすいポイントをクリアしておくこと

という2点をカバーすれば費用も安く車検に合格できます。

ディーラー車検と比較すれば半額程度で済むといえますが、デメリットとしては車検に通らないこともあるということです。

ここではよくユーザー車検で不合格になるポイントについて解説をしておきます。

自分の車が該当していないか事前にチェックしておいて欲しいと思います。

参照

平日に休みが取れれば案外簡単にユーザー車検で車検に合格できる

ヘッドライトの光量不足

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-9-46-43

ヘッドライトが暗くなっていると感じているユーザーは多いと思います。

安全上の問題もあって車検ではこのヘッドライトの光量の検査もあります。

ハイビームにした状態での光量をチェックするのですが、この検査で不合格になる車は案外多いです。

(車検場によってはロービーム検査のところもあるようです)

暗くなる理由としては

  • 屋外に止めていて紫外線でヘッドライトカバーが黄ばむ
  • ヘッドライトの劣化

がほとんどです。

劣化という場合にはライトの交換も必要となってきますが、まず先に黄ばみを疑うべきといえます。

ライトカバーの黄ばみは樹脂クリーナーをカー用品店で購入し、それで磨くことで綺麗になることが多いです。

これでも綺麗にならないという場合には

  • カバーの裏面が汚れている
  • カバーの表面に傷がついていたりして磨いても綺麗にならない

ということがあります。

この場合、バフといった機材で表面を削れば綺麗になりますが、購入するよりも整備工場などに依頼したほうが安くつくと思います。

また裏面の清掃もユニットを取ってという作業が必要になり、さらにユニットごとの交換も必要なこともあります。

そのためそこまでするなら業者に依頼したほうが早く安くつくと思います。

サイドスリップ検査で落ちやすいポイント

この検査は車がまっすぐに進めるかどうかの検査です。

案外この検査でも不合格になりやすく、原因としては

「タイヤの摩耗」

ということが多いです。

タイヤの内側や外側が変にすり減っているということで車がまっすぐに進まないということです。

このような現象が起こる原因としては、たとえば駐車するときなどに縁石をよく踏む、また側溝の上を通るというようなことが多いです。

このような場合も簡易的には「トー調整」によってサイドスリップ検査の規定内におさめることができる場合もあります。

サイドスリップ検査が不安な場合、カー用品店でサイドスリップテスターが販売されていますので、車検前にチェックができます。

トー調整は

  • アライメント調整をする
  • タイロッドの長さを変えて調整する

ということが必要となります。

turn-to-right2

本を見ながら一般の方でもできなくはないですが、手間を考えれば車検業者に任せたほうが良いかもしれません。

また、つづきは次回へ。